団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる体制(地域包括ケアシステム)の構築が求められています。この体制づくりを支える在宅医療・介護関係施設を紹介しています。

中央区オレンジチーム〈認知症初期集中支援推進事業〉

認知症は誰もがなる可能性のある脳の病気です。
早期相談・早期診断は認知症の方だけでなく、家族や近所の方々にとっても安心な生活を送ることができるメリットがあります。
中央区オレンジチームは、医療機関や福祉サービスと連携し、みなさんが安心して今の生活を送ることができるよう支援を行います。
自分自身や家族、近所の方の変化に気づいたら一度ご相談ください。

<対象>
40歳以上で、自宅で生活をされている認知症の方や認知症の疑いのある方で
 ①認知症の診断を受けていない、又は治療を中断している方
 ②医療サービスや介護サービスを利用していない方
 ③何らかのサービスを受けているが、認知症の症状が強く、どのように対応してよいか困っている方

<問合せ>
中央区北部地域包括支援センター内 「中央区オレンジチーム」
〇所在地  中央区農人橋3-1-3 ドミール堺筋本町1階
〇電 話  06-6948-6639
〇受付時間 月曜日~土曜日 午前9時~午後5時(日、祝、年末年始除く)

TOP