団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる体制(地域包括ケアシステム)の構築が求められています。この体制づくりを支える在宅医療・介護関係施設を紹介しています。

大手前病院 地域包括ケア病棟

 大手前病院では、北11階病棟を地域包括ケア病棟として運用しています。地域包括ケア病棟とは在宅復帰を支援するための病棟です。例えば、急性期の治療を終了された方が、在宅復帰に向けて療養やリハビリを継続する必要がある時、また、在宅で医療・介護を受けておられる方が短期の入院療養が必要になった時に利用いただけます。入院期間は保険診療上、最長60日までです。
 地域包括ケア病棟への窓口として、大手前病院では「在宅支援外来」を毎週木曜午前に開設しています。在宅医療・介護を受けている方で、発熱や外傷、リハビリ、社会的理由などで短期の入院が必要な方を診察させていただき、地域包括ケア病棟入院に際しての評価をさせていただきます。
 予約受付は、かかりつけ医の先生からの申し込みとなりますので、ご利用を希望される方は、どうぞかかりつけ医の先生と相談の上、お申込みください。

<在宅支援外来>
 〇診察日時   木曜午前(9~12時) 完全予約制
 〇診察場所   内科1診
 〇診察申込   かかりつけ医の先生 ⇒ 地域医療連携センター

(お問合せ)大手前病院 地域医療連携センター
       所在地 中央区大手前1-5-34
       電話 06-6966-5335
      (月~金 9:00~17:00)

TOP