団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる体制(地域包括ケアシステム)の構築が求められています。この体制づくりを支える在宅医療・介護関係施設を紹介しています。

訪問介護

訪問介護のサービスを受けられる施設があります。

介護福祉士や訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問して、身体介護や生活の手助けを行うサービスです。
介護保険では要介護1~5の方は「身体介護」、「生活援助」、「通院等乗降介助」が、要支援1~2の方は「介護予防訪問介護」がご利用できます。
※訪問介護のご利用は、ご担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)にご相談下さい。ご担当が決まっていない場合、地域包括支援センターにご相談下さい。

 

 訪問介護の事業者を探す

TOP