団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる体制(地域包括ケアシステム)の構築が求められています。この体制づくりを支える在宅医療・介護関係施設を紹介しています。

Q&A:不安ごとについて

  • もしかして認知症かな?

    医師を含む医療職、介護・福祉職で構成される認知症専門のチームが、支援の方向性を検討し短期集中的なサポートを行う認知症初期集中支援推進事業があります。

    該当するサービス

     
  • 在宅で医療・介護を受けているが、持病が悪化した時に入院できるのか心配

    かかりつけ医の先生から診療情報の提供を受けて、病院で診察の結果、短期の入院が必要と判断された方が利用できる病棟があります。

    該当するサービス

     
  • 親の介護をすることになったが、初めてのことで不安

    お住まいの地域包括支援センターで、社会福祉士・保健師・主任ケアマネジャーなどの専門家が、高齢者やその家族の方からの、介護をはじめとするさまざまな高齢者の生活相談に応じています。電話だけでなく、訪問、来所も可能で、いずれも無料です。大阪市中央区には、2カ所の地域包括支援センターがあります。

    該当するサービス

このページについてご意見をお聞かせください
TOP